試合結果

ユーベスト野球チーム、創部2試合目を5月25日(月)に新宿区の西戸山公園野球場にて行いました。
打順もピッチャーも入れ替え自由の、のびのび野球でとても楽しかったです。以下、スコアはつけていなので覚えている範囲で試合の内容です。

試合終了時
1回表 ユーベストの先発は小黒。立ち上がり制球が定まらず
連続四球と内野安打で無死満塁のピンチ。しかしここ一番での低めへの投球が光り5−2−3のダブルプレー、その後サードゴロで後続を断ち切り無得点に抑えた。小黒はこの回で降板。精神的に課題の多かった小黒であったがユーベストの今季初試合の重圧を見事に跳ね除け、見事先発の期待に応えた。

1回裏 ユーベストの攻撃は不動の一番佐藤が鮮やかなセンター前ヒットで出塁すると、2番古谷は四球、3番森山は死球で無死満塁のチャンス。一死後、5番草野が四球を選び押し出しで1点先制。

2回表 ユーベストのピッチャーは斉藤Jr.に交代。つい一年前まで現役高校球児だったという若さ全開のピッチングで相手打線を3人で仕留める。

3回表 この回も斉藤Jr.続投。四球を与えたものの、安心感のあるピッチングで後続を抑える。

4回表 この回からマウンドは左腕工藤へ。危なげないピッチングで3人で終了。
エース工藤

4回裏 先頭の服部が四球を選び、ここでユーベストベンチは動き代打(というか割り込み気味に)漆澤社長を送る。ショートへのゴロを放つが、懸命の全力疾走でダブルプレーを防ぎ一塁に残る。
その後三塁に進んだ後、代打秦の人生初ヒットとなるライト前適時安打で生還。

5回表 続投の工藤はストレートのみの強気のピッチングで強力相手打線をよせつけず、3人で仕留める。

6回表 先発の小黒が再びマウンドへ。2安打させれたもののどうにか無失点で終了。

6回裏 ユーベスト攻撃終了時点で時間切れにより試合終了。

結果は11−0の完封勝利でした。

平日にも関わらず関係者の皆様も多数応援に駆けつけてくださいました。ありがとうございました、今後もITS健保の野球大会以外での活動も行っていきたいと考えております。