酉の市2011

酉の市の置物2011年

皆様どうも漆澤でございます。今年も早いもので残す所一ヶ月を切ってしまいました。やっと冷え込みも厳しくなり冬らしい季節になってまいりました。先月10月はこのブログでも毎年恒例の新宿花園神社の酉の市に行ってまいりました。今年は「三の酉」までございましてもちろんすべてに皆勤賞。ちなみに何故だか分りませんが三の酉まである年は昔から火事が多い年と言われています。

花園神社では、この日ばかりは不況とは無縁の混み様で久しぶりに活気が溢れていました。「商売繁盛」を祈念してお参りを済ませた後、なじみの屋台にふと入ってみると、ちょうど樽酒の鏡割りの真っ最中で振る舞い酒と称して升酒を御馳走して頂きました。まだ食事前とあって五臓六腑にしみわたりました。お客様も社員も「一杯目が日本酒だときっいね〜」と言いながら一気に飲み干して二杯目をオーダーする始末。

今年も「モツ煮込み」をつまみに飲んでいると社員が変わったつまみが有りますよと「鳥皮餃子」。これがなかなかいける珍味で益々酒のペースが早くなってしまいあっと言う間にほろ酔い気分になってしまいました。


二軒はしごした後、人混みをかき分けながら毎年恒例のお土産でございます。定番の「ベビーカステラ」に始まり「おさつスティク」「ソースせんべい」と長居してしまいますと
どれもこれも目移りしてしまいきりがありません。

長居は無用とばかりに屋台を後に家路につきました。妻と小学校四年生の息子は既に寝てしまいお土産の「ベビーカステラ」は、息子の明日の朝食になるんだるうな〜などと思いながらお土産をつまみに晩酌を楽しませていただきました。今年の酉の市が終わったばかりですが既に来年の酉の市が待ちどうしいです。皆様もぜひ一度足をお運びいただいて御利益にあやかってみてはいかがでしょうか?

今年は東日本大震災による「津波と原発事故」がありました。日本が本当に傷ついた一年でしたが、来年こそは良い年になります様にとご祈願せずにはいられない酉の市でした。